新型コロナウイルスに負けるな「在宅・自粛」自宅にいる時間が増えても光熱費を節約する2つの方法

2020.04.11

TouchLife運営チームのMARINAです。

新型コロナウイルスの感染拡大は、観光業や飲食業をはじめ、ついに雇用にも影響を及ぼしはじめていると言われております。

少し前までは、コロナウイルスの影響を受けた傾向にあるのは、飲食業などの営業時間短縮によるアルバイトなどに代表される非正規雇用者でした。

しかし、現在は観光業など幅広い業界でリストラが広まろうとしております。

新型コロナウイルスによるパンデミックで世界中が想定外の危機に陥り、東京オリンピック・パラリンピックも延期が決定した今、

多くの方が、自粛に加え、在宅勤務など、自宅にいる時間がこれまで以上に増えていると思います。

そこで、今回はご紹介する内容は、

自宅にいる時間が増えても光熱費を節約する2つの方法

毎月かかる光熱費、月に少しでも節約できると年間金額で見ると旅行に一回行けるほどになることも!

家賃などの高額出費と違い、光熱費は意識することで誰でも簡単に安くすることができるんですよ。

節約もできる上に成果が数字として確認できるので、初心者向けでモチベーションが保ちやすいでしょう!

それでは、そんな光熱費の節約について厳選した2つの事例をご紹介していきます。

(1)電気ケトル、ガスで沸かす場合どっちが安い?

(2)シャワー、お風呂の場合どっちが安い?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 電気ケトル、ガスで沸かす場合どっちが安い?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

短時間で少量のお湯が手軽に沸かせる電気ケトルは、食卓やキッチンで重宝する人気の電化製品ですよね。

しかし、便利な反面、電気代がかかるイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。

それでは、電気ケトルとガスで沸かした場合でのコストについてご紹介します。

<電気ケトルの場合>

電気ケトルの消費電力は1250W~1350Wあたりが主流と言われております。

今回は間を取って1300Wとした場合、1Lで沸騰するまで約5分となります。

東京電力で多く使われている従量電灯プランBで、平均的な電力消費量の場合は1KWHあたり26円、

東京電力の基本的な料金帯で計算すると

1.3KW×0.08H×26円=2.7

1Lのお湯は2.7で沸くことが言えますね。

<ガスの場合>

20cmのやかんで同じく水1Lを沸かしたとしたら、約.9分かかります。

金額は2円になるとのことです。プロパンガスの場合、地域によって1.1~2.23倍ほど高くなると言われており、キリの良いところで2倍にした場合、4円となります。

都市ガスで1Lのお湯は2で沸き、プロパンガスだと4で沸くと言うことになります。

上記結果から利用するのに掛かる金額に大きな差は無いですが、物(ケトル OR ヤカン)の価格で考えるとヤカンが長期的に見ても節約に繋がりそうですね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 シャワー、お風呂の場合どっちが安い?

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

ガス代の節約にはシャワーが効果的という意見もあれば、風呂が効果的という意見もありますね。

それでは、ガス代が安くなるのはどちらなのか意外な結果をご紹介します!

<お風呂(都市ガス)の場合>

まずは平均的な従量単価は1㎥当たり150円前後と言われております。

発熱量を1㎥当たり11,000kcalとした場合、都市ガスにおけるお風呂1回分のガス代は、


以下のように計算となります。

20(上げる温度数)×200(水の量)×0.9(熱効率)÷11,000×15049

都市ガスの場合、お風呂1回にかかるガス代は約49円となりました!

ガス料金には、ガスの従量単価以外に、各月のガス使用量に応じて基本(固定)料金がプラスされるので、

実際にはこの計算とは若干の差が出て来ることになります。

<シャワー(都市ガス)の場合>

都市ガスの料金を同じように1㎥メートル当たり150円、

熱効率は90%とした場合、シャワー10分間のガス代を求める計算式は、

以下のように計算となります。

20()×100(10L10分間使用)×0.9÷11,000×15025


シャワー1回にかかるガス代は25円!

改めてシャワーの方が安い結果となりましたが、金額にして約2倍!!

月で見た場合、金額にして一人暮らしの場合750円、年間「9,000円」となる結果となりますね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

如何でしたでしょうか。  電気ケトルとヤカン、そしてお風呂とシャワー、

それぞれにかかるガス代をよく理解すると、ガス代の節約対策ができますね。

日々の疲れを癒やしてくれるお風呂やシャワー、

生活をより便利にしてくれる電気ケトル、

それぞれ上手に使いながら、光熱費の節約に繋げ、

より楽しい暮らしの一歩に繋げてみては如何でしょうか。

それでは、今日もTouchLiFe運営チームは、より素敵なアプリをテーマに家計簿という角度から2020年を盛り上げて行きたいと思います。

TouchLife運営チームのMARINA♡

Tweet 記事一覧
TouchLife